歯科衛生士の求人に関する考察


歯科衛生士の求人

歯科衛生士の求人状況は現在どうなっているのでしょうか。歯科衛生士と言うのは「歯科予防処置」「歯科保健指導」「歯科診療補助」といった業務を行う人材で、歯科医師1人に対して2人以上の歯科衛生士が望まれていますが、現在、歯科診療所1ヵ所(歯科医師1人当たり)に対する歯科衛生士数は1.4人と言われています。

国家試験に合格して、毎年数千人の歯科衛生士が誕生しており、また、どんどん高度化・細分化していく現場で、歯科衛生士の重要性は高まっているにも関わらず、実は、常に数が不足しているのです。

給与も高く推移しており、人気の職業なのですが、有資格者数が多い割に不足しているのは、離職率の高さがひとつの要因になっています。いわゆる「3K」の仕事とも言われ、仕事量に給料額が見合わなかったり、また、個人経営の歯科医院への就職が多く、中には福利厚生面が整っているとはいえない職場もあり、慢性的な人手不足であれば、定期的な休みが取りづらいといったことも、離職に関係しているでしょう。実際には、定時勤務が多く、残業なども少ないので、結婚・出産によって一旦離職しても、比較的再就職しやすい仕事と言えます。最近は、歯科医院だけでなく、介護や福祉の現場での求人も増えていますが、こちらは給料額が低く抑えられているのが特徴です。

いずれにしろ、歯科衛生士は引く手あまたの仕事であることは間違いなく、より良い職場を見つけることが出来れば、安定した収入と働きやすい環境を得ることも可能です。

当サイトでは、歯科衛生士の求人の動向と、上手な転職のコツなどを具体的に紹介します。転職、再就職を望む人はもとより、これから歯科衛生士を目指す人の一助になれば幸いです。ちなみに当サイトも参考にしている歯科衛生士の求人サイトをご紹介します>歯科衛生士求人



ページTOPへ